妊婦にとってのリンゴ病

第二子妊娠中が最も危ない

成人の約七割はすでにリンゴ病に対する抗体を持っています。
しかし、残り三割程度は抗体を持っておらず、感染者が近くにいれば誰でも感染する可能性はあります。
元々は乳幼児に多い病気なので、大人が感染するケースで一番多いのが、子供と接触機会の多い母親が感染してしまうケースです。
よって第二子妊娠中で、上の子が幼稚園児くらいが最も感染しやすいと言えます。
上の子自体が発症しなくても、保育園あるいは幼稚園で流行しているとウイルスが潜伏している可能性は十分にあります。
感染者である子供と接触しないわけにはいきませんし、ウイルスの潜伏期間中が最も感染力が高く、子供に具体的な症状が出た頃にはすでにこちらが感染している可能性が高く、予防は難しいものとなっています。
難しいですが、最低限の予防行動として、マスクの着用や入念な手洗いを心がけていきましょう。

胎児への影響は計り知れない

ウイルスは赤血球の元となる赤芽球という細胞に感染します。
そしてウイルスによって赤芽球が壊されると一時的に赤血球が作れなくなってしまいます。
そうなると胎盤への血液供給が滞るだけでなく、胎盤経由で胎児自体にも感染してしまいます。
胎児の赤血球も減り、胎児貧血、重症化すると胎児水腫(胎児がむくむ)が進み、最悪の場合、流産や死産に繋がります。
これはリンゴ病にかかった妊婦約七割がそうなったという統計もあります。

妊娠初期は特に注意する必要がある

妊娠初期、大体二十週未満の妊婦が感染するとリスクが最も高いと言われています。
症状自体は風邪に近い症状や赤い斑点が少しできるくらいで気づき難いですが、もし上の子がいて感染しているなら必ず産婦人科で相談しましょう。
血液検査をすれば抗体の有無が分かりますし、万が一抗体が無い場合でも早い対応ができます。
もし病気が発見された場合は、症状をやわらげる薬を飲みながら自然治癒を待つことになります。

お子さんのためにも早め早めの対応を!

折角授かった大切なお子さんです。
早め早めの対応をすれば流産や死産は避けられます。
生まれてくる前に亡くなってしまうなどというのは誰にとっても悲劇なので、絶対に避けたいものです。