子供にとってのリンゴ病

リンゴ病というのは通称であり、医学的な正式名称は「伝染性紅斑」です。
名前が示す通り感染症の一種ということになります。
小児科を受診した時には分かりやすく通称の方が使われ、正式名称を使うことは少ないのであまり馴染みのない名前かもしれません。

感染力は弱いけど乳幼児や園児たちは免疫力が無い

感染症とは言っても、この病気は他の感染症に比べれば感染力は弱い病気です。
なのでインフルエンザなどのように、短期間で大流行ということは稀なことです。
しかし、乳幼児や園児はまだ免疫を持っていないので、幼稚園や保育園で集団感染が起こって話題になることもあります。

集団感染は食い止められないのかと思いますが、この病気は潜伏期間中に飛沫感染で拡散するので、保育園や幼稚園、あるいは小学校で完全な予防というのはしようと思ってもできないものになります。

ほっぺが赤くなったら発症のサインかも

この病気の最大の特徴は「ほっぺが赤くなること」です。
しかし中には元々ほっぺが赤い子供もいると思います。
そうなるとパッと見分からないこともあります。
そんな時は紅斑の形、それとほっぺ以外のチェックが肝要になってきます。
まず頬には蝶型の紅斑が現れますが、これはすでに述べたように元々ほっぺが赤い子供だと判断に迷うと思います。

そこでほっぺ以外をチェックします。

この病気はほっぺに続いて、全身にノコギリ歯状の紅斑が現れてきます。
特に好発する部位は腕、お腹、太腿、お尻で、さらにその中で多いのがお腹、お尻です。
これらの部位にノコギリ歯状の紅斑があれば元々ほっぺが赤い子供でも見分けがつくと思います。

赤斑出現前にも自覚症状がある

周囲で広まっているけど、うちの子には今現在紅斑はない。
そんな時でもウイルスは潜伏している可能性があります。
そして発熱、せき、鼻水、鼻づまりなど風邪のような自覚症状が現れることがあります。
とは言え、本当に風邪と見分けがつきませんし、子供というのは元々平熱が高い場合が多いので発熱しているとは気づかないかもしれません。
あまり早期発見には役立たないかもしれませんが、「もしかしたら」と思っておくだけでもいざ発症した時に素早い対応ができると思います。